業者に頼むべきか自分で行なうべきか~水道修理の比較~

水道修理は自分で直せるか?業者利用の強み

トイレの水漏れはDIYか業者に頼むか比較

トイレ

トイレは日常よく使う場所なので、経年劣化が起こりやすいです。定期的にメンテナンスを行なわなければいずれ水道修理が必要になってしまうでしょう。自分で直す場合と、業者を利用する場合の比較をしていきます。

DIYと業者利用のそれぞれのメリットを比較

水道修理をDIYで行なった場合
自分で修理を行なえば、掛かる費用は部品代だけで済みます。出張料や作業料も不要です。トイレはプライベートな部分なので、人に見せたくないという人も少なくないでしょう。自分で水道修理を行なう場合は、人に見せる必要もありません。知らない人を家に上げたくないという人であれば、やはり自分でトイレの水道修理を行なった方が良いでしょう。
水道修理を業者に頼んだ場合
トイレの水道修理を行なっている業者はプロです。対応が早く、修理の仕上がりも綺麗です。毎日頻繁に使うトイレだからこそ早く直したいかと思います。そういうときにとても頼りになるでしょう。自分でトイレ修理を行なう場合よりも、費用が安く済むこともあります。一口に業者と言っても何社もあり、キャンペーンを実施しているところも選べるからです。また、アフターケアに力を入れているところもあります。上手く利用すれば、とても便利です。

良い点だけじゃなく悪い点も比較しよう

DIYで行なうと悪化させてしまうリスク
水道修理業者が修理のプロであるのに対して、私たち個人は素人です。トイレの水漏れトラブルが何故起こったのか、原因を細かく正確に見極められる人は少ないでしょう。修理すべきところを見誤ると、かえって状況を悪化させてしまいます。かえって、ダメージを広げてしまうことにもなりかねません。また、修理に必要な専用工具を揃えるのも、結構費用が掛かります。専用工具の使い方やトイレの水道修理方法を一から学ぶというのは、とても大変です。
業者に頼むとコストが掛かる
水道修理業者に依頼すれば作業が早く仕上がりも綺麗ですが、作業料や出張料などがどうしても掛かります。専用工具を持っていて水道修理のノウハウもあるという人であれば、必要な部品だけを買ってきてDIYで直した方が断然安くなります。また、業者はピンからキリまであるので、良くない業者を選んでしまった場合は欠陥工事になってしまうでしょう。追加料金を求められ、見積もりよりも高額になる恐れもあります。

水道修理業者に来てもらう前に止水栓を締めておこう

トイレの水漏れトラブルが起きた際は、水道修理をしないと水漏れは止まりません。業者を呼ぶか自分で直すか検討している間に水漏れが悪化しないように、早めに止水栓を締める必要があります。ここでは、止水栓の締め方について紹介します。

止水栓を締めておく

トイレに限らず水漏れが発生した場合は、まずは止水栓を締めましょう。水道管の状態にもよりますが、ほとんどの場合は、これで水が止まります。作業を行なう際は、逆に少しだけ締めるようにして水流を確認しながら行なうという方法もあります。多くの止水栓にはハンドルが付いているので、右に回せば締まります。マイナスドライバーで開け閉めするタイプもあるので、チェックしましょう。マイナスドライバーが手元にない場合は、10円玉などを代用してみると良いです。ウォシュレットの場合は、間違ってウォシュレットの止水をしないように、説明書などをよく確認しましょう。

止水栓が見つからない

トイレの止水栓が見つからないんですが…
止水栓が見当たらないときは、水道の元栓を締めましょう。戸建てやマンションなどの集合住宅の場合は、屋外に設置されていることが多いです。トイレ内で止水栓を探せないときは、玄関付近のパイプシャフト部分を確認します。どうしても分からない場合は、大家や管理会社に聞いてみましょう。水道修理業者に電話で相談しても良いです。

TOPボタン