業者に頼むべきか自分で行なうべきか〜水道修理の比較〜

水道修理は自分で直せるか?業者利用の強み

DIYと業者利用のそれぞれのメリットを比較

トイレは日常よく使う場所なので、経年劣化が起こりやすいです。定期的にメンテナンスを行なわなければいずれ水道修理が必要になってしまうでしょう。自分で直す場合と、業者を利用する場合の比較をしていきます。

良い点だけじゃなく悪い点も比較しよう

トイレの水漏れトラブルが起きた際は、水道修理をしないと水漏れは止まりません。業者を呼ぶか自分で直すか検討している間に水漏れが悪化しないように、早めに止水栓を締める必要があります。ここでは、止水栓の締め方について紹介します。

止水栓を締めておく

トイレに限らず水漏れが発生した場合は、まずは止水栓を締めましょう。水道管の状態にもよりますが、ほとんどの場合は、これで水が止まります。作業を行なう際は、逆に少しだけ締めるようにして水流を確認しながら行なうという方法もあります。多くの止水栓にはハンドルが付いているので、右に回せば締まります。マイナスドライバーで開け閉めするタイプもあるので、チェックしましょう。マイナスドライバーが手元にない場合は、10円玉などを代用してみると良いです。ウォシュレットの場合は、間違ってウォシュレットの止水をしないように、説明書などをよく確認しましょう。

TOPボタン